草刈り機

草刈り機

草刈り機

このページは「畑のかかしノウハウ 」の情報コンテンツです。
草刈り機 > 畑のかかしノウハウ

豆知識

畑のかかしってなに?

案山子といえば田畑を守ってくれる大切な存在ですが、都会に生まれ育った人は馴染みがないかもしれません。そもそも案山子がどのような姿をしているのか知らない人もいるようですね。

案山子の姿・形

案山子は基本的には人型の人形です。人間が農作業をしている時、カラスのような田畑にとっての天敵はやってきません。そこで、人が農作業しているように見せるために立たせるのが案山子なわけですね。麦わら帽子をかぶせて軍手を付けて、、。畑によって案山子の姿は違いますが、人型当共通点はあります。しかし、カラスは非常に賢い生き物です。案山子が全く動かないことに気付いて、無害と判断し、次第に無視できる存在になってしまうのですね。

音や他の手法を使った案山子

最近ではセンサーなどによって音を発してビックリさせて畑の外敵を追い払うタイプや、偽物のカラスを案山子に持たせて「仲間が捕まえらえている!ここは危険!」と思わせるものもあります。音で獣を驚かせるタイプで古いものと言えば「獅子脅し」がありますが、あんな音ではなく本当に人間もビックリするような音のようですね。

また、畑に限らず、鳥被害に悩まさせているご家庭では、ベランダに大きな目玉の様なものをぶら下げていることがあります。あれは、動物が本能的に大きな目を恐れることから、取り付けているようですね。ただ、どのパターンもカラスが学習してしまうと、効果が無いようですね。

元々案山子は臭いのするもの

案山子誕生の一説にこんなお話があります。元々、田畑の鳥被害をふせぐため、昔は魚の頭や髪の毛を焼いて凄い臭いを発するものを畑に置いて「臭い」で外敵を追い払っていたのです。その道具を悪臭を嗅がせることから「かがし」と呼んでいて、そこから「かかし」という言葉が出来たとか。今でも、ライオンなど猛獣のにおいを発するものを置くと、イノシシなどの獣は本能的なものなのか、畑に寄りつかないという話もありますね。

草刈り機 激安通販