草刈り機

草刈り機

草刈り機

このページは「混合ガソリンについて 」の情報コンテンツです。
草刈り機 > 混合ガソリンについて

豆知識

混合ガソリンについて
2サイクルエンジンと4サイクルエンジンでガソリンが違う

4サイクルエンジンはガソリンとオイルを入れるタンクが分かれていますが、2サイクルエンジンはガソリンタンクしかありません。ガソリンだけの使用では、エンジンが焼き付いてしまいます。なので、2サイクルエンジンでは、ガソリンとエンジンオイルを混ぜた混合ガソリンを使うのです。

1.混合ガソリンの注意点

ガソリンとエンジンオイルを混ぜる比率は、草刈り機の機種により違いますので、正しい混合比の混合ガソリンを使ってください。ガソリンスタンドで混合ガソリンを購入する際は比率を必ず確認してください。それから、使用するエンジンオイルは2サイクル専用オイルです。4サイクル専用のオイルを使わないように注意しましょう。混合比を間違えたり、違うオイルを使用すると、エンジンが焼き付いてしまったり、不完全燃焼によりカーボンがたまりやすくなり、マフラー詰まりやプラグの発火不良を起こしてしまいます。

2.混合ガソリンの作り方

混合ガソリンは自分でつくることができます。混合器という混合ガソリンを計量してつくるための容器がありますので、必ず混合器を使ってください。混合器によって、作り方が違うものもありますが、まずガソリンを半分入れます。それから、規定量のオイルを入れて、残りの半分のガソリンを混合器に入れます。キャップをしっかり閉めてよくふって混ぜてください。これで混合ガソリンが完成です。
混合器では、混合ガソリンを保管してはいけません。保管する場合は、金属製の密閉できる容器に移してください。混合器のままで保管すると、容器が膨張して、正確に計量できなくなります。

3.混合ガソリンの使用期限

草刈り機にガソリンを入れっぱなしで保管している方は多いのではないでしょうか。エンジントラブルの原因となるのがガソリンの入れっぱなしです。入れっぱなしにすると、混合ガソリンが変質して、エンジンが始動できなくなります。1週間以上草刈り機を使用しない場合は、ガソリンを抜きましょう。できるだけ、使用する分だけ入れるようにしてください。

草刈り機 激安通販