草刈り機

草刈り機お支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

草刈り機

このページは「草刈り機のメンテナンス方法 」の情報コンテンツです。
草刈り機 > 草刈り機のメンテナンス方法

豆知識

性能を落とさないためにもメンテナンスが必要

草刈り機のメンテナンスを怠ると、エンジンがかかりにくくなるという不具合や草刈りの性能が落ちてしまいます。日頃の手入れをしっかりしていれば、ストレスなく作業が行えます。

1.一番多い燃料によるトラブル

草刈り機でもっとも多いのが燃料を原因とするトラブルです。

  1. 古いガソリンを使用した
  2. 混合ガソリンではなく、ガソリンだけを使用した
  3. エンジンオイルに正しいものを使用しなかった

これらが本当に多いエンジントラブルの原因です。長期間草刈り機を使用しない場合は、タンクからガソリンを抜きましょう。上記のようなことをしていると、最悪エンジンが焼き付きます。エンジンに不調が生じた場合は、まず燃料を疑って、新しいのもの代えてみましょう。

2.メンテナンスの方法

点検・整備をするときは、必ずエンジンを停止して、エンジンが冷えてから行いましょう。

刈刃
刈刃にひび割れ、刃の欠け、チップの飛びなど異常がないか、よく確認してください。異常があれば刈刃を交換しましょう。ギヤケース部分にゴミがつまっていると故障の原因になります。刈刃を交換する際、ギヤケースのゴミも掃除するようにしましょう。

エアクリーナ
エアクリーナのエレメントが汚れていると、エンジンの出力低下や始動不良の原因となります。エアクリーナからエレメントを取り出して、ガソリンで洗い、エレメントをしっかりしぼって元の位置に取り付けます。2~3ヶ月に1度くらいは確認しましょう。

点火プラグ
点火プラグの電極の隙間ははがき3枚分くらいが適正です。狭すぎたり広すぎたりする場合は、調整してください。電極部にカーボンなどがたまっているときは、ブラシで掃除をしましょう。

燃料タンク
燃料フィルタがつまるとやはりエンジンの出力低下や始動不良が起こります。2~3ヶ月に一度はフィルタを取り出して、ガソリンで洗浄し
てください。

エンジン各部の清掃
エンジンの各部所にゴミがつまると、冷却機能が働かずにオーバーヒートとなる可能性があります。カバーを外して各部所を掃除しましょう。特に冷却風の通り道であるフィンやロータ部はきれいにしましょう。

3.保管について

草刈り機を保管する際の注意点としては、まず刈刃は取り外して、別途保管するか、カバーをつけてください。決して刃がむき出しのままにしないように。それから、1週間以上草刈り機を使用しない場合はガソリンを抜いてください。草刈り機の保管は、火気のない涼しい場所にしましょう。

草刈り機 激安通販