草刈り機

草刈り機

草刈り機

このページは「土の成分で畑が変わる 」の情報コンテンツです。
草刈り機 > 土の成分で畑が変わる

豆知識

土の成分で畑が変わる

土の成分と言われてもピンと来ないかもしれませんね。しかし、石鹸でも弱酸性やアルカリ性といった違いや色々な成分がありますよね?水や土にだってやはりそういった違いがあります。このことを知らないと、同じ植物を同じような日照時間や水のやり方で育てても、上手く育つ場合と育たない場合があるのです。

土の成分について

ガーデニングや畑をこれから初めて行う場合、書籍や人づての知識で石灰を土に撒いて使う方がいます。さて、この行動は本当に正しいのでしょうか?石灰を撒くということは、「土にアルカリ性を加える」ということ。これを行う多くの理由が土の養分に腐葉土を使うためで、腐葉土は酸性のため、それを中和するためにアルカリ性の石灰を少量使うわけです。しかし、プランターで育てるように、土を新たに買ってきて使う場合でなければ、お庭の土が元々どうなっているのかを知っておく必要があります。

例えば、コンクリートがアルカリ性をもっていて、雨で土に流れ込んでいる場合は元々土がアルカリ性の性質となっています。そこに腐葉土を使った場合は(量によりますが)、もしかするとちょうど中性になっているかもしれません。そこに石灰を足してしまう。しかも量が分からずに大量に足してしまうと、土のアルカリ性が強すぎて植物が思うように育たないことがあるのです。

植物によっては好みが違う

酸性やアルカリ性と、土の性質が肥料の量などさまざまな要因で変わりますが、そこで育てられる植物も酸性で育つもの、アルカリ性で育つものがあります。プランターで育てる植物で、同じ土や肥料の分量にしたのに、上手く育ったり育たなかったりする場合は、ガーデニングで育てている植物の土の好みが違うのかもしれませんね。

酸性やアルカリ性については、測定器や試験紙で計ることが出来ます。昔理科の実験でリトマス試験紙というのがありましたが、あんな感じです。ご自宅の庭の土、畑にする前に酸性かアルカリ性なのかを計ってみてはいかがですか?

草刈り機 激安通販