草刈り機

草刈り機

草刈り機

このページは「草刈り機のエンジンの仕組み 」の情報コンテンツです。
草刈り機 > 草刈り機のエンジンの仕組み

豆知識

草刈り機には2つのエンジンがあります

草刈り機に使用されるエンジンには、2サイクルエンジンと4サイクルエンジンがあります。どんな特徴があるのか見てみましょう。

1.エンジンの仕組み

エンジンの内部にはシリンダーと呼ばれる丸い筒があります。その中でガソリンが爆発して、ピストンが上下に動きます。コンロッドと呼ばれるつなぎ棒を介して、ピストンとつながっているクランクが回転運動して、動力を得ます。このシリンダー内では、吸気、圧縮、膨張(爆発)、排気という4つの作業が行われます。4サイクルエンジンはこの一つ一つの作業をきちんと分けて行うので4サイクルと呼びます。一方、2サイクルエンジンでは、吸気と圧縮をまとめて
行い、膨張(爆発)と排気も同時に行います。だから2サイクルなのです。

2.2サイクルエンジンの良いところ、悪いところ

2サイクルエンジンは、構造がシンプルなため、軽量でコンパクトにできます。当然価格も安くでき、整備も簡単です。それから、2サイクルはピストン1往復に1回膨張(爆発)があります。対して4サイクルはピストン2往復に1回の膨張(爆発)です。このため、同じ排気量なら2サイクルの方がパワーがあります。軽くてパワーもあり、価格も安いことから、草刈り機の主流は2サイクルエンジンです。マイナス面としては、ガソリンとエンジンオイルを混ぜて使うので、排気ガスが多く、燃費も良くありません。構造がシンプルでパワーがあるために、簡単にレッドゾーンまでパワーが出てしまい、エンジンが焼き付きやすくなっています。燃費が悪く、エンジンの寿命が短いというのが欠点です。

3.4サイクルエンジンの良いところ、悪いところ

4サイクルエンジンは、膨張(爆発)が2往復に1回ですから燃費が良く、排気ガスも2サイクルに比べて、少なくクリーンです。シリンダー内での役割がきっちり分かれてますので、耐久性が高いエンジンです。エンジンオイルの減りも少ないのでランニングコストは安くすみます。悪い点は、パワーがないという点と重さです。あとは、販売価格や修理代がどうしても高くなってしまいます。

草刈り機 激安通販