草刈り機

草刈り機

草刈り機

このページは「ベランダではじめるガーデニング 」の情報コンテンツです。
草刈り機 > ベランダではじめるガーデニング

豆知識

ベランダではじめるガーデニング

庭があれば花を植えたり食べれる植物を植えたりできますが、都会で暮らす多くの人はマンションや集合住宅のように庭の無い生活をされていますね。しかし、ベランダでも手軽に育てられる植物はたくさんあります!是非、あきらめずにガーデニングにチャレンジしましょう!

ベランダの状況を見極わめる

ベランダでガーデニングを始めるには、まずお住まいのベランダの状況を見極めましょう。

日はどれくらい照りますか?

土日のお休みの日、朝早く起きてベランダに日が照っているかどうか、日中はどうか、夕方はどうかと、一日の内でベランダに日が差す時間を計ってみてください。日がしっかりと差すお住まいなら、特に制限なくガーデニングが楽しめるでしょう。しかし、お昼以降は建物に邪魔されて日が差さないかもしれません。そうなると、お日様があまり差さなくても育つ植物を選ぶ必要があります。この辺りの基本を抑えずに、自分が育てたい植物を選んでしまうと、上手く育たたずに結局挫折してしまう人も多いようです。

ベランダの温度はどうですか?

ベランダに限らず、都会ではアスファルトは太陽の熱で暖められて非常に暑くなります。大人よりも子供や犬・猫のように、アスファルトに近い方がよりその暑さを感じると言われますが、ベランダの植物も同じです。プランターをベランダに直接置いてしまっては、その熱をモロに受けてしまいます。そこで、台を置いてベランダのコンクリートから少し浮かしてやることで熱が直接伝わるのを防ぎ、風通しも良くなります。これもやはり知らない方はベランダに直にプランターを置いてしまい、植物を枯らしてしまうことがあるようです。

雨は当たりますか?

ベランダが格子になっていて、雨が降れば吹き込んでくるのであればまだマシなのですが、そもそも植物はベランダにいる以上、直接上から雨が降ることはありません。そこで、水やりをするわけですが、、この時に植物だけではなく、プランターの周りのベランダそのものにも一緒に水を撒いてやってください。どうしても乾燥しがちな場所ですので、潤いを与えてあげることも重要なのですね。

室外機はどこにありますか?

ベランダの広さの関係上、プランターを室外機の前に置いてしまっていませんか?室外機からは暑い空気がでますが、植物にとっては乾燥した風で全く良いはずがありません。室外機の場所と、これからガーデニングを行うスペースの関係を考えて、室外機の風があたらない場所を探しておきましょう。

草刈り機 激安通販